'
武蔵野の歴史
>>新たな福祉の時代へ
平成4年3月 「社会福祉法人武蔵野障害者総合センター」設立
平成5年6月

「障害者総合センター」開設・ワークセンターけやき

・ワークセンター大地

・デイセンター山びこ

・デイセンターふれあい

・べこのこ学級

・地域生活援助センターびーと

平成6年7月

軽費老人ホーム「武蔵野市くぬぎ園」開設(東京都から移管)
平成6年10月 「社会福祉法人武蔵野」と名称を変更
平成8年6月

「武蔵野市桜堤ケアハウス」開設

・軽費老人ホーム「桜堤ケアハウス」

・デイサービスセンター

・在宅介護支援センター

平成8年7月

「ゆとりえ」開設

・特別養護老人ホーム「ゆとりえ」

・老人短期入所(ショートステイ)施設

・デイサービスセンター

・在宅介護支援センター

平成12年4月

ショートステイハウス「なごみの家」開設

「桜堤居宅介護支援事業」開設

「ゆとりえ居宅介護支援事業」開設

平成14年1月

知的障害者グループホーム「やはたハウス」開設

平成17年4月

武蔵野市くぬぎ園と武蔵野市桜堤ケアハウスが指定管理委託(5年間)となる

平成18年4月

重度身体障害者グループホーム「RENGA」開設

べこのこ学級から「こども発達支援室ウィズ」に名称変更

「桜堤地域包括支援センター」開設

「ゆとりえ地域包括支援センター」開設

平成18年10月

武蔵野市障害者就労支援センター「あいる」開設

下記3施設が障害者自立支援法指定施設となる

「生活介護デイセンター ふれあい」

「地域活動支援センター地域生活支援センター びーと」

「共同生活介護・共同生活援助 やはたハウス」となる

平成19年4月

武蔵野福祉作業所を開設(東京都より移譲)

「自立訓練・就労移行支援・就労継続支援 武蔵野福祉作業所」

平成19年10月

武蔵野市障害者就労支援センターあいるが武蔵野福祉作業所1階へ移転する

平成20年10月

武蔵野福祉作業所1階に『やさい食堂 七福』がオープン

平成21年4月

武蔵野市障害者就労支援センターあいるが武蔵境へ移転する

下記4施設が障害者自立支援法指定施設となる

「就労移行支援・就労継続支援 ワークセンターけやき」

「自立訓練・生活介護 ワークセンター大地」

「生活介護 デイセンター山びこ」

「児童デイサービス ウィズ」となる

『パールブーケ』が「ワークセンター大地」から「ワークセンターけやき」の事業に移る

武蔵野市みどりのこども館が開設(武蔵野市より指定管理受託)

「児童デイサービス ウィズ」(移転)
「地域療育相談室 ハビット」(武蔵野市より事業移管) 
「おもちゃのぐるりん」(平成21年7月より事業開始予定)

武蔵野市役所8階に『カフェ・ル・ブレ』がオープン

(ワークセンターけやき)

平成21年7月

桜堤・ゆとりえの両地域包括支援センターが武蔵野市地域包括支援センター(市役所内)へ事業統合のため廃止され、桜堤・ゆとりえの両在宅介護支援センターに地域包括支援センターの機能を加え、地域包括支援センターブランチとなる

平成22年4月

生活リハビリサポートすばるを開設(武蔵野市障害者福祉センター内)

・専門相談(高次脳機能障害相談支援事業「ゆいっと」を含む)

・自立訓練(機能訓練)

・中途障害者デイサービス(生活介護)

せきまえハウス(共同生活援助)を開設

平成22年7月

武蔵野福祉作業所の自立訓練事業を廃止し、生活介護事業を開始する

平成23年4月

ワークセンターけやきが就労支援事業(B型)を開始する

平成24年4月

ウィズが児童デイサービスから児童発達支援事業となる

平成24年6月

法人設立20周年記念事業(式典・感謝祭・記念講演)をスイングビルにて行う

平成25年6月

ジョブアシストいんくる(就労移行支援)を開設

平成25年12月

きたまちハウス(共同生活援助)を開設

平成26年3月

きたまちハウス(短期入所)を併設

平成26年4月

ワークステージりぷる(就労継続支援)を開設

武蔵野市役所8階に市民食堂『さくらごはん』

(ワークセンターけやき)がオープン

平成27年3月

くすの木(共同生活援助)を開設

武蔵野市くぬぎ園が閉園

平成27年4月

ジョブアシストいんくるが生活困窮者就労準備支援事業を開始する

平成29年4月

武蔵野市障害者福祉センターの運営(武蔵野市より指定管理受託)

平成29年4月1日 現在