'
『新着情報』バックナンバー
>> 『新着情報』バックナンバーの記事一覧

三鷹駅北口にあります「ものづくり工房hicobae(ひこばえ)」でデイセンター山びこ「空色手ぬぐい展」を開催します。

山びこでは利用者の皆様が心をこめて、天然素材で染め上げた手ぬぐいを作成しました。どうぞご覧いただければと思います。

 

期間  平成29年6月24日(土)~6月29日(木)まで

場所  ものづくり工房hicobae(ひこばえ) 武蔵野市中町1-28-10

問い合わせ

デイセンター山びこ

電話:0422-54-5102

メール:yamabiko@fuku-musashino.or.jp

昨年来、JICAやリハ協からの依頼で、アジアの障害者リーダー研修を受け入れてきました。今年も5月29日(月)に特定非営利活動法人アジアの障害者活動を支援する会(ADDP)の研修プログラムで、ラオス唯一の知的障害者センター(IDS)から経営者(親)4名と支援者が来訪されました。

IDSは、5歳から20歳代の障害のある子どもが通所する施設で、国の補助制度のないラオスは、海外のいろいろな団体からの寄付や家族の会費で家族の有志が運営しています。研修生は障害者総合センターでの多様な活動を熱心に見学、特に「さおり織」に興味を示していました。織物が盛んなラオスでは、不揃いでは売り物にならないが、さおり織では不揃いさの風合いを価値あるものにすることができることに驚いているようでした。また、牛乳パックから再生紙やリサイクルペーパーからの「だるまつくり」など「ラオスで実践する!」とメモを取っていました。

 

ADDP     日本のNPO。海外(ラオス)の障害者スポーツ振興支援、障害者リーダー育成セミナー開催、 障害者就労支援、職業訓練等を実施。
ラオス      東南アジアのインドシナ半島に位置する共和制国家。人口約691万人、首都はヴィエンチャン。面積は日本の約63%に相当し、国土の約70%は高原や山岳地帯である。
JICA       日本の政府開発援助(ODA)を一元的に行う実施機関。開発途上国への国際協力を行う。
リハ協      障害者のリハビリテーションに関する調査研究と国際的連携のもとに1964年(昭和39年)に設立。リハビリテーションの専門家や障害当事者の幅広い参加を得て、リハビリテーションの振興と障害者の社会参加の促進を目指す活動を続けています。

ジョブアシストいんくる広報誌「TAKE OFF!」を発刊いたしました。

地域の皆様、関係者の方々にいんくるの活動を広く知っていただければと思います。

ご意見、ご感想お待ちしております。

・「TAKE OFF! いんくる通信№6」(PDF:約622KB)

社会福祉法人武蔵野では、地域の障害のあるお子様をお持ちの家族を対象に、育児から教育、そして将来に向けての進路選択など、ライフステージに沿った研修、情報の提供を目的に様々なテーマでの連続講座を企画開催しています。

第3回として、グループホームをテーマに実施いたします。当法人グループホーム5箇所の運営統括している施設長の土橋誠人を講師に皆様の質問等を受けながら懇談的に講演します。ぜひご参加ください。

 

日 時 : 平成29年6月8日 木曜日 10時から12時まで

場 所 : 武蔵野障害者総合センター 会議室(武蔵野市吉祥寺北町4-11-16)

テーマ : 「グループホーム  ~これが聞きたい、あれも聞きたい~ 」

講 師 : 土橋 誠人 (当法人 居住支援ユニットリエゾン施設長)

参加費 : 無料  先着40名まで

 

お問い合わせ:TEL 0422-54-5112 ワークセンター大地(草野)

お申し込み:FAX 0422-54-5218

メール daichi@fuku-musashino.or.jp

 

連続ミニ講座3のご案内

法人広報誌「ぷれっそ」第36号を発刊いたしました。今回の特集は「私たちの法人、事業所をより知っていただくために」です。今、身近でホットな話題をお届けいたします。ご感想をお待ちしております。

平成29年4月3日、平成29年度辞令交付式及び入社式を行いました

今年は昇任者11名 異動18名 新規採用13名となりました

安藤理事長からは「当法人を取り巻く環境が大きく変わろうとしている中、我々一人ひとりの持つ力を最大限に発揮し、組織力の向上に努めて欲しい」との励ましの言葉がありました。

終了後、新規採用職員は新人職員研修を3日間行い、配属先へ着任しました。

(平成29年度新規採用者13名)

ジョブアシストいんくる広報誌「TAKE OFF!」を発行いたしました。

地域の皆様、関係者の方々にいんくるの活動を広く知っていただければと思います。

ご意見、ご感想お待ちしております。

・「TAKE OFF!いんくる通信№5」(PDF:約762KB)

三鷹駅北口にあります「ものづくり工房hicobae(ひこばえ)」でデイセンターふれあいDCF作品展を開催します。

ふれあいでは手作り小物ブランド「DCF」を立ち上げ、今回は革細工、トートバッグ、Tシャツ、靴など力作の数々を皆様にご覧いただきます。どうぞ御越しください。

 

期間  平成29年3月22日(水)~3月26日(日)まで

場所  ものづくり工房hicobae(ひこばえ) 武蔵野市中町1-28-10

 

問い合わせ

デイセンターふれあい

電話:0422-54-5134

メール:fureai@fuku-musashino.or.jp

武蔵野大学のPRとなるJR中央線の車両の広告に母校である笠原匠充職員(デイセンター山びこ)が「社会で活躍する卒業生」として掲載されています。

山びこでの仕事についてや、これから社会に出る学生へのメッセージとともに、いつになくやや緊張した写真が大きく紹介されています。掲載は3月一杯の予定です。皆様、どうか中央線にお乗りの際は、ぜひご覧ください。大学の応募者増とともに当法人の採用希望者が増えることを期待します。

 

 

 

平成29年2月1日、ダスキン愛の輪基金の障害者リーダーの海外相互派遣研修の一環として、アジア太平洋エリアから6名(フィリピン、台湾、インド、スリランカ、バングラディッシュ、ネパール)の障害者の皆さんの視察を受け入れました。皆さんは聴覚や視覚、脳性まひや脊損など多様な障害がある方たちで日英通訳や手話通訳など交えて、熱心に視察と質疑が行われました。

障害者総合センター内の各施設や重度グループホーム、レストランなどを見学しました。見学先の事だけでなく、家族と事業者の介護支援の役割と考え方や意思が明確でない方の成年後見や権利擁護と不正防止、職員の育成と意欲向上など多岐にわたり、ともに学びを深め合うことができました。