'

ゆとりえ在宅介護・地域包括支援センター

人生のラストステ―ジに、あなたが望む生き方を支えます
在宅介護支援センターと地域包括支援センター

 在宅介護支援センターは、高齢者が安心して住み慣れた地域で生活が続けられるよう、虚弱な方から重度の介護が必要な方まで、地域に根ざした市民の総合相談窓口として市内に6ヶ所設置されています。

ゆとりえ

また、地域包括支援センターは、平成18年度4月の介護保険法改正で登場した新しい仕組みで、「地域における総合的なマネジメントを担う中核機関」として位置づけられ、武蔵野市は平成21年7月より、保健・医療・福祉の連携を強くし、介護予防支援業務を効率的に推進するため、それまで市内にヶ所あった地域包括支援センターを市役所の中に統合しました。さらに6ヶ所の在宅介護支援センターとの連携を強化し、それぞれに地域包括支援センター機能を加え、在宅介護支援センターを地域包括支援センターのブランチ型としても位置づけています。

 

●在宅介護支援・地域包括支援センターが担う役割は、

総合相談・支援事業

高齢者や家族からの相談に対応します。介護保険サービスをはじめ、様々な制度や地域資源を活用した総合的な支援を行います。

権利擁護事業、虐待の早期発見及び防止事業

高齢者が尊厳ある生活を送ることができるように「権利擁護」及び「虐待防止」の拠点として、成年後見制度の活用や虐待の早期発見・防止を進めます。

包括的・継続的ケアマネジメント支援事業

ケアマネージャーに指導や助言を行い、またケアマネージャーと地域の関係機関との連携を促進するなど、高齢者が切れ目なく質の高いケアサービスを受けられる仕組みづくりを支援します。

 

そのほかに、地域の要援護高齢者とその家族の状況把握と介護サービス情報の提供、介護保険サービス・福祉サービス等の利用申請の受け付け・手続き代行を行います。

また、福祉用具の展示と一時貸し出しを行っています。さらに居宅介護支援事業所(ゆとりえ指定居宅介護支援事業所)を併設し、緊急性や困難性の高い場合には、当センターの介護支援専門員が担当して介護保険サービスの計画をたてます。

 

★相談窓口は当館の1階、玄関を入ってすぐ右側の受付になります。電話での相談も受け付けていますし、相談員が訪問もします。

★スタッフは、ソーシャルワーカー(社会福祉士)、看護職員、介護福祉士、介護支援専門員などの資格をもった相談員が配置されています。

★相談する費用は無料です。

どんな相談ができるのですか

○ 介護の仕方がわからない

○ 便利な福祉用具を探したい

○ 車いすを借りたい

○ 入所施設の情報がほしい

○ 退院が決まったが環境を整え介護サービスの利用をしたい

○ 認知症について相談したい

○ 介護に疲れた

○ 高齢者が虐待されているようだ

○ 入浴や食事のサービスを受けたい

○ 看護や介助の手がほしい

○ 介護保険の申請をしたい

○ 判断能力が十分でない方の財産管理を知りたい

施設概要
施設名

ゆとりえ在宅介護・地域包括支援センター

根拠法
老人福祉法、介護保険法
施設形態

武蔵野市からの受託事業
在宅介護支援センター / 地域包括支援センター

住所

〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町4-25-5

TEL
0422-72-0313
FAX
0422-72-0321
E-mail
開館日時

月曜日~金曜日 8:30~17:15

※土日曜日・祝祭日は窓口・電話で応対

対象

地域で暮らす高齢者及びその家族や介護者

施設長
阿部 敏哉
苦情受付担当
都賀田 一馬
最寄り駅
吉祥寺駅より徒歩20分

ゆとりえデイサービスセンター

地図